リッツ横浜探偵社の料金って安い?高い?徹底的に調べてみた!

浮気調査で有名なリッツ横浜探偵社の料金や調査費用について徹底的に調べてみました!

浮気防止ノウハウ

旦那の浮気の経験から学んだ、もう二度と浮気をさせない方法

投稿日:

旦那の浮気の経験から学んだ、もう二度と浮気をさせない方法

一度浮気したパートナーは何度でも浮気すると言われています。私も妊娠中に浮気された身ですから、なんとなくわかります。

浮気をするタイプの人間にとって、浮気はもう習慣のようなものなんです。ですので口約束で「もう浮気はしない」と約束させても意味がありません。悲しいことですが、彼らの習慣を矯正するのはほぼ無理なのだと思います。

こういうタイプのパートナーに浮気をさせないためには、普段から浮気をしないよう牽制したり、時には法的な措置に頼ることが大切です。

 

どんなに謝られても情けはかけない

浮気のバレたパートナーはひたすら謝るか、開き直って怒り出すかのどちらかです。私の時は延々と「もう2度としないから」と謝られてしまいました。

頭を下げて謝られてしまうと、「そこまで言うなら・・・」なんて気持ちになってしまいますが、ここで流されてしまってはいけません。

 

情けをかけることなく、誓約書や公正証書に書くための内容を決めていきましょう。これは二度目の浮気を防ぐだけでなく、夫婦の仲をやり直す意味もあります。リッツ横浜探偵社では夫婦修復カウンセリングがあり、そこでベテランの相談員さんに夫婦揃って相談をする事が可能です。

私もそうでしたが、浮気されるのはどうしようもないほどショックなことです。そんなショックを抱えたまま、ただ謝られただけでもう一度夫婦生活をやり直そうとしてもきっとうまくいきません。

しかし第三者を交えて、夫婦でしっかりと話し合い、法的な文書を作成すれば、その浮気について見つめ直し、二人の距離や気持ちを整理し直すことができます。

浮気という辛く悲しい出来事を二人で受け止めたうえで、新たな関係を作り直すことこそが、再び夫婦として生きていくために必要なのです。

 

誓約書を書かせ、反省させつつ浮気を予防する

パートナーに誓約書を書かせることで、二度目の浮気を予防することができます。
まずは文書にて浮気行為を謝罪させて、それから次に浮気をしたら制裁を加えた上で離婚するといった内容を書かせましょう。

また、浮気が原因で離婚する場合は慰謝料を支払うという文も忘れずに入れておきましょう。そのときには具体的な金額も決めておきます。誓約書に書いておくべき内容は、次の「公正証書」とほぼ同じです。

誓約書を作る場合、自分もパートナーも内容に納得していることが大切。悪いのは浮気した方なのですから、手心を加えずに容赦なく内容を決めていきましょう。

 

「公正証書」でパートナーの浮気を牽制する

「公正証書」でパートナーを牽制する

一度目の浮気について話し合いが終わったら、「公正証書」を作りましょう。

夫婦の間でちゃんと認め合って作成した証書には強制力があり、内容を破れば罰金などの法的な措置をとれます。これがあるだけでパートナーはぐっと浮気をしにくくなるでしょう。疲れる話し合いの後に、さらに文章を作成するのは一苦労ですが・・・そこまでするだけの価値はあります。

公正証書の内容は、細かいところまできちんと決めておきます。役場の公証人に相談するのがいいですね。

・浮気相手とは二度と連絡をとらず、絶対に会わない
・もし浮気をしたら親権を放棄する
・慰謝料として◯◯万円を支払う
・浮気が原因で離婚した場合、子供が成人するまで月◯万円の養育費を◯年間支払い続ける

公正証書に書いておきたい内容はこのようなものです。

これだけの内容を約束しておけば、もし浮気されてしまったとしても子供を育てていけますし、パートナーの浮気をしたいという欲望をおさえられます。

 

まとめ:旦那の浮気の経験から学んだ、もう二度と浮気をさせない方法

もう二度と浮気させないためには、二人でよく話し合い文書を作っておくことが大切です。どれほどパートナーが謝ってきても、絶対に口約束で終わらせてはいけません。

またリッツ横浜探偵社では夫婦修復カウンセリングが用意されていますので、再構築を望まれる場合は、第三者を交えて夫婦でしっかりと未来の話をすることが非常に大切です。

その時には誓約書と公正証書の両方を細かく作っておきます。公証人に確認してもらうのも良いでしょう。
誓約書や公正証書に抜けていた部分が、後になってトラブルの種になるということも少なくありません。内容は徹底的に吟味するべきです。

浮気をするタイプの人間は、しっかり締め付けておかないと二回三回と繰り返します。二度と浮気なんてされないように、法的にも有効な措置を取って牽制しておきましょう。

-浮気防止ノウハウ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした